だいじろーの英語発音指導

流暢な発音は相手に確実にインパクトを与える

講師プロフィール
タイ・バンコク カオサンロードにて

1989年7月3日生まれ
北海道札幌市出身
独学で音声学を猛勉強し、英語発音指導士申請中。Elsa Speakテストではネイティブレベル。
学生の半分が外国籍である立命館アジア太平洋大学に外国人基準で入学し、在学中は授業を英語で受講。在学中に香港理工大学とヘルシンキ大学に留学。その後タイ移住し7年過ごす。



「発音はモノマネだ!」を信念に、音声学に基づいたあらゆる言語の発音の研究・モノマネを人生の生きがいにしている。もし発音のエキスパートなのであれば、世界中あらゆる言語の発音ができなければおかしいという使命感から、あらゆる発音を研究している。アメリカ発音、イギリス発音はもちろん、学生時代に留学していた香港の英語発音や、7年住んでいたタイ発音が得意。全て音声学を背景としたモノマネ理論に基づいている。

音声学の基づくモノマネの例↓


発音指導概要

Slack上での動画、音声、テキストでの指導になります。
課題文を読んで頂き、それに対するフィードバックを行います。
フィードバックはすべて課題付きです。課題を返送して頂いてまた課題を出します。基本、クリアできなければ同じ内容を何度も何度もできるまで繰り返す方式です。

発音指導とは何か真新しい新しいテクニックを教える事ではなく、
自らを癖や習慣を破壊し、変わる勇気や技術を教えることです。

日本の英語教育では発音指導は行われておらず、英検やTOEICでも発音はほぼ評価されません。受験や就活に必要がないため、とにかく発音が疎かになっているのです。たしかに英語は国際語として機能としており、発音は「その人らしさ」を表すという考え方にも同意です。しかし、通じなければ意味がないのではないでしょうか?特に英語圏のネイティブ達を相手に会話する際は、通じる発音であることは、そもそも話を聞いてもらえるか否かに直結する現実も多くあります。
日本語を勉強している外国人が、日本語の発音はどうでも良いと言っていたら、納得できない気持ちになりませんか?発音は言語の大きな部分を閉める大事な要素です。

YouTube上に発音の無料基礎講座もありますので、
興味のある方はそちらもご覧ください。
▶【脱・日本語訛り英語】現在第17課まで

第2課: [l]と[r]の基礎【脱・日本語訛り英語】

指導コース・金額

Slackを使用した1on1の発音指導
ノーマルコース
月最低20回〜の動画・音声・テキストでのフィードバック
*その他発音に関する質問は無制限
現在価格: 1か月毎 82,000円

Zoom/Skypeを使用した英語発音指導
60分10,000円
単発のみでも構いません。

発音総評レポート作成
指定英文の音読に対するレポートでのフィードバック
1回 5,000円

発音指導無料体験
指定英文を1文読んで頂き、実際の発音指導のフィードバックを
体験していただけます。

フィードバックの例
タスク管理ツール”notion”を使用し、今までの課題を全てまとめます
必要に応じて波形データを使用して説明します
発音レポートの作成も可能です
英語発音指導に対する思い

英語発音指導については本当に色々と思うところがあります。
今から40年前以上に発売された中津燎子さん著「なんで英語やるの?」の中で、アメリカ人の鬼コーチに発音指導をお願いしたところ、アルファベットのABCDから始まり、最初の数週間はAすらクリアできなかったという言うようなエピソードがありました。
40年前の体験談で、古臭い指導だと思う人もいるかもしれませんが、永遠に変わらない厳しい本質・真実だと思っています。なぜなら、アルファベットには英語の基本的な母音が含まれているからです。日本語も「あいうえお」の発音が全ての基礎だと思います。
しかし、この指導法はとても厳しく、中津燎子さんもノイローゼになるほど辛かったと言っています。英語発音に対して心の底から止めどなく溢れる家族愛のような意識を持っている方なら楽しいと思いますが、もちろん、ほとんどの人はそうではありません。僕にとっての苦手な筋トレみたいなものです。この方法で筋トレを指導されたら速攻で辞めるでしょう😅
指導方法としては、まず課題文を録音して、それに対するフィードバックを行います。1つ〜4つぐらいの課題を出し、それをまた音読していただきます。発音だけではなく、イントネーションも指導します。日本語の感覚だと分かりづらいのですが、英語ではイントネーションが意味に直結しており、イントネーションが適当では発音が完璧でも本当に通じません。
とにかく、細かいところの指摘の繰り返しを行います。筋トレの様に地道で辛い修行です。一つ一つの音を慎重に、ゆっくり、正確に学んでいきます。「こう発音してください」と言われたところですぐに身につくものでもありません。筋トレのように、塵が積もるように「理解」していくものです。

お申し込みの流れ

無料の詳細お問い合わせはdaijiro73gmail.comまで。
(もしくはTwitter @DB_Daijiroまで)

その後、実際に検討される場合は、
現在の英語力及び発音向上の目的なども添えて頂けると助かります。
その後、銀行振込先、Slackグループ、タスク管理ツールのnotionをご連絡致します。

お申し込み頂いた方の例

– 商社勤務の方 (アメリカ駐在予定)
– GAFA勤務の方 (海外在住)
– 英語教師の方
– 海外のインターナショナルスクール在学中の方
– メーカー勤務の方
– 歌手の方
等多数

受講者の声

実際に受講された方のフィードバックを紹介します

女性<br>外資系勤務
女性
外資系勤務

日常的に英語を使用し、TOEICも高スコア取得者です。過去はネイティブ講師による、英語学校などにも通っていましたが、発音の矯正ができず困っていました。
「発音」に特化した学習は初めてでしたが、小さな母音についても逃さずFeedbackをいただくことで、驚きや学びが多くありました。
また、抑揚やイントネーションにも細かくご指摘をいただくことで課題が明確化し、より「聞きやすい」英語をもっと目指せるという自信をもつことができました。受講の機会をいただきありがとうございました。

女性<br>メーカー<br>勤務
女性
メーカー
勤務

・とりあえず、先生が神。


・対面(Skype)ではない点が不安だったが、結果的には自分の音声を録音することで、自分の音を何回も聞き、何回も取り直すという作業がとてもプラスに働いていると感じる。また、動画でフィードバックいただけるので何回も繰り返していつでもどこでも復習することができる。


・自分の好きな時間に練習し、空き時間でレッスンできるのはメリット。小さい子供がいるのでレッスン時間が決まっていると、なかなか厳しかったように思う。


・顔が見えないので化粧不要。←


・先生が面白いのでとにかく楽しい。そして情熱がある。


・親身になっていただける。言われた通りに発音できなくても、どうしたらできるかという方法を何通りも考えてくれる。一辺倒ではなく、生徒に合った練習方法を提案してくれる。


・自分の発音を一緒に聞きながら、コメントいただける。


・誤った発音に対して何が原因となっているのかというのを的確に判断していただけるため、自分では修正できない気づきがたくさんある。


・音声のみならず、視覚でのフィードバックが斬新。